京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年12月06日

炎症を考慮したインプラントの外科的治療。

体外ルート吸収:ルート表面の進行性の病理学的吸収を意味する。

周囲インプラント炎は、インプラント周囲の粘膜炎症およびインプラント周囲の骨損失を含む一連の臨床徴候である。 インプラント周囲粘膜炎については、粘膜バイオフィルムおよびインプラント周囲のインプラント配置などの要因が、(ルーペ 歯科)粘膜炎症の臨床症状に影響を及ぼし得る。 歯科用インプラントの長期的な成功は、インプラント状態の周囲の硬組織および軟組織の健康状態、および適切な負荷力に依存する。

インプラント周囲炎は、最初はインプラント周囲の組織のマージンに影響を与え、インプラントは依然として一定期間機能することができる。 インプラントの弛緩は、インプラントの緩みは、疾患の進行の最終段階の間にのみ起こり、多くの場合骨の全損失を促すので、インプラント周囲の症状に付随する必要はない。 探査は、探査深度の探査や出血の探査などのインプラント検査周辺の組織の前提です。 インプラント周囲炎は臨床的に明らかな症状ではない可能性があります。 いくつかのケースでは、重度のプラークと結石が関連することがありますが、明らかなプラークや結石は見られませんが、プロービングの深さやプロービングの出血が起こることがあります。

インプラント周囲炎の評価では、出血の同時検出と骨欠損を検出するための放射線写真検査を必要としなければならない。 インプラント周辺の炎症性感染部位では、通常、放射線検査では、クレーター状の形態を示した。 感染部位における骨吸収は、通常、頬側および舌側表面、近心および遠位表面などのように対称である。 言い換えれば、インプラントの周りの同レベルの歯槽堤を有する骨欠損の形状は、異なっていてもよい。



その結果、インプラント周辺の頬側舌の厚さがインプラント周囲の病変の程度を超えると、骨壁への頬骨が保持されることがある。 逆に、部位の厚さが薄い頬では、インプラント周囲炎症の場合、頬側の骨壁は吸収によって破壊される可能性がある。 インプラント周囲の感染および炎症の異なる原因のため、インプラント周囲の炎症の症状は異なる。 したがって、放射線検査では、骨吸収、特にクレーター様の損傷が非常に重要な証拠であることが判明した。 探検の訪問出血、粘膜の腫れ、オーバーフロー膿、3mm以上の探査深度も非常に重要なヒントを発見した。 臨床検査に基づいて、通常、インプラント周囲の骨欠損を奇数奇形および骨内奇形に分類することが可能である。 同一の感染したインプラントにおいて、しばしば棘上筋および骨内の欠損に関連する。

非外科的処置が露出した移植部位での再生骨の形成を促進しない場合、外科的処置はソケットの再感染のリスクを低減すると考えられる。 現場周辺のインプラント感染の発生は、出血指数の有意な低下、(エアーモーター)膿瘍または膿瘍形成の減少を満たすはずであり、手術は手術のために考慮することができる。 同時に、患者の一般的な状態評価結果および放射線診断を考慮しなければならない。



Posted by shikahanbai  at 16:34 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
shikahanbai
shikahanbai